MacにDocker環境を作る

■環境

macOS Sierra 10.12.4


Dockerのインストール

公式ページ(こちら)の「Get Docker for Mac(Stable)」をクリックし、
Dockerのdmgをダウンロードする。

ダウンロードしたdmgを実行すると「Docker.app」を「Applications」へドラッグ&ドロップするよう表示されるので、
その通りに実施する。

これで、LaunchpadにDockerが追加されましたので、クリックして起動します。
初回起動時に設定が走るので、Macのパスワードを聞かれます。

しばらく設定が走り、「Docker is now up and running!」が表示されれば設定完了です。
ターミナルを立ち上げ、以下コマンドを実行するとDockerのバージョンを返すようになっているはずです。

docker version

問題なければ「Got it」をクリックしてDockerのウィンドウを閉じます。
ウィンドウを閉じてもバックグラウンドで動いているので、
ステータスバーに鯨のアイコンが表示されています。

初期設定

デフォルトではMacにログオンしたら自動でDockerが起動するようになっていますが、
普段はDockerを起動しておく必要がない場合はステータスバーの鯨をクリックし、
Preferences > General > Start Docker when you log in
のチェックボックスを外しておきます。
(検証時のみDockrが欲しい人など)
その場合、Dockerを利用するタイミングでLaunchpadからDockerを起動してください。

その他、Dockerコンテナと共有するディレクトリなどもPreferencesで変更できるので、
必要に応じて設定を変更してください。

Share

MacにZabbixエージェントを入れる

■環境

Mac OS 10.9.5
Zabbix 3.2.1


Mac OSのサーバにZabbixエージェントを入れた際の手順メモです。

WEBでzabbixのソースをダウンロードします。
https://sourceforge.net/projects/zabbix/files/ZABBIX%20Latest%20Stable/3.2.1/

Macサーバに送ります。

$ scp zabbix-3.2.1.tar.gz user@192.168.999.999:~/Downloads/.

※Macサーバ上で直接ダウンロードできるなら、その方が早いです。

macサーバにて解凍〜インストールを行ないます。

tar xzf zabbix-3.2.1.tar.gz
cd zabbix-3.2.1
./configure --enable-agent
make install
sudo cp conf/zabbix_agentd.conf /usr/local/etc/.
sudo cp src/zabbix_agent/zabbix_agentd /usr/local/sbin/

Zabbixエージェントの設定を変更します。

sudo vim /usr/local/etc/zabbix_agentd.conf
# 127.0.0.1の部分をZabbixサーバのIPアドレスに変更
# Hostnameはagentサーバのホスト(サーバ側に設定したものと同じ)に変更

Zabbixエージェントを実行します。

/usr/local/sbin/zabbix_agentd

【補足】

インストール時にzabbixユーザが作成されるはずですが、
ユーザ作成に失敗している場合は別途ユーザ作成しておかないとエージェントの実行ができません。

Share

【Mac】fish + oh-my-fish + pecoの導入方法

環境

OS X ElCapitan 10.11.6


fishのインストール

brewでfishをインストールする。

brew install fish

※brew自体のインストールについてはこちら参照。

次にシェル一覧にfishを追加する。

vim /etc/shells
# 以下行を追加
/usr/local/bin/fish

次に通常利用するシェルをfishに設定する。

chsh -s /usr/local/bin/fish

oh-my-fishのインストール

以下コマンドを実行するだけ。

curl -L http://get.oh-my.fish | fish

pecoのインストール

pecoはbrewとomfコマンドでインストールできる。

brew install peco
omf install peco

インストールできたら、fishの設定ファイルにpecoの設定を追記する。
fishの設定ファイルが存在しない場合は新規作成する。

vim ~/.config/fish/config.fish
# 以下行を追記する
function fish_user_key_bindings
    bind \cr peco_select_history
end

以上で設定完了です。

Share

Composerのインストール方法

■環境

macOS Sierra 10.12.4
CentOS 6.8


作業用MacとCentOSサーバにComposerをインストールしたので、その際のメモです。

【Macの場合】

brewでインストールできます。

brew install homebrew/php/composer

【CentOSの場合】

CURLでインストーラを取得し、生成された実行ファイルをPATHが通っているディレクトリに移動します。

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
mv composer.phar /usr/bin/composer

以上

Share

brewインストールでphp-mcryptがインストールできない

■環境
OS X El Capitan(10.11.6)
Homebrew 0.9.9

brewインストールでphp-mcryptをインストールした際にエラーが出たので
エラー内容と、その対応をメモしておきます。

まず、エラー内容について
# brew install homebrew/php/php70-mcrypt
〜中略〜
/usr/local/opt/php70/bin/phpize: line 61: /usr/local/Library/Homebrew/shims/super/sed: No such file or directory
/usr/local/opt/php70/bin/phpize: line 62: /usr/local/Library/Homebrew/shims/super/sed: No such file or directory
/usr/local/opt/php70/bin/phpize: line 63: /usr/local/Library/Homebrew/shims/super/sed: No such file or directory
Configuring for:
PHP Api Version:
Zend Module Api No:
Zend Extension Api No:
/usr/local/opt/php70/bin/phpize: line 155: /usr/local/Library/Homebrew/shims/super/sed: No such file or directory
autoheader: error: AC_CONFIG_HEADERS not found in configure.in
〜中略〜

つまり、phpizeで利用している『/usr/local/Library/Homebrew/shims/super/sed』が無いそうです。
色々調べた結果、私の環境ではそもそもHomebrewのパスが
『/usr/local/Library/Homebrew』
ではなく
『/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew』
となっていました。(なんだこの階層)

対応としては、phpize内にて$SEDという変数に上記パスを指定していたので、
自分の環境に合わせてパスを書き換えました。
SED="/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/shims/super/sed"

Share