【Mac】圧縮解凍ソフトのインストール(Win対応)

■環境

macOS Sierra 10.12.6


Windowsで圧縮したファイルがMacで正常に開けなかったり
Macで圧縮したファイルがWindowsで正常に開けなかったり

そんな時はMac側で以下ソフトを使うと解決します。

Windows → Macの圧縮ファイル連携

『The Unarchiver』というソフトを使って解凍すると正常に解凍できます。
OneDriveからダウンロードした圧縮ファイルの解凍が正常にできない場合にも使えます。

MacのAppStoreで配信されていますので、検索してインストールしてください。
使い方は、解凍したい圧縮ファイルを『The Unarchiver』で開くだけです。

Mac → Windowsの圧縮ファイル連携

『WinArchiver Lite』というソフトを使って圧縮すると、Win側で正常に解凍できます。
こちらもMacのAppStoreで配信されています。

使い方は、圧縮したいファイル・ディレクトリを『WinArchiver Lite』で開く、
または『WinArchiver Lite』を起動しておいて、圧縮したいファイル・ディレクトリを『WinArchiver Lite』のウィンドウに
ドラッグ&ドロップすると、Win対応の圧縮ファイルが生成できます。

Share

【Mac】NetBeansのインストール

■環境

macOS Sierra 10.12.6
NetBeans 8.2


コードの補完やFTP機能を標準装備していたりと
無料のIDEの中では個人的には使いやすいと思っています。
あと、ねこびーんが可愛い。

■JDK & NetBeans本体のダウンロード & インストール

JDKとNetBeansがセットになっているパッケージがあるので、それをダウンロードします。
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk-netbeans-jsp-142931.html

【補足】
既にJDKをインストールしている場合は、以下のサイトからNetBeans本体のみをダウンロードすればよい。
https://netbeans.org/downloads/
こちらのサイトからダウンロードする場合は、利用する言語に合わせたパッケージをインストールできる

ダウンロードしてきたdmgファイルをダブルクリックしてマウントし、
出てきたpkgファイルをダブルクリックするとインストーラーが走ります。

そのままインストーラーに従い進めるとインストール完了です。
LaunchpadにNetBeansが追加されてます。

■NetBeansの設定

【基本設定】

上部メニューより「NetBeans > Preferences」をクリックすると設定画面が開きます。
基本的に触るとしたら以下のタブくらいだと思います。
それ以外のタブをいじる人は、もはや説明も不要なレベルの人だと思うので説明も割愛します。

一般タブ

NetBeansから開くブラウザの指定をしたり、プロキシの設定をしたりできます。
よく分からなければデフォルトのままでよいです。

エディタタブ

ソースコードのフォーマットを指定したり、NetBeansが表示する警告を設定したりできます。
インデントをタブにするかスペースにするか。どのくらいインデントを深くすると警告を出すか。など
個人の好みやチームのコーディング規約に合わせて変更してください。
分からない項目はデフォルトのままで良いと思います。

フォントと色タブ

タブ名のままですが、NetBeansで使うフォントと色を設定できます。
見づらい色などがあれば変更すれば良いです。

キーマップタブ

ショートカットキーの設定です。基本的にはデフォルトのままでいいと思います。
どんなショートカットがあるのかを確認するために、一度眺めてみるのもいいと思います。

外観タブ

IDEの見栄え全般の設定です。
「ルック・アンド・フィール」でテーマの変更ができるので、好みのテーマがありそうであれば変更してください。
※ルック・アンド・フィールの反映にはIDEの再起動が必要です。

【プラグイン導入】

利用したい言語に合わせてプラグインをインストールします。
NetBeansの上部メニューより「ツール > プラグイン」をクリックし、プラグイン管理画面を開きます。

「使用可能なプラグイン」というタブより新規プラグインのインストールができます。

暗いテーマが好きな場合

「Dark Look And Feel Themes」というプラグインがあります。
これをインストールすれば、基本設定にあった「ルック・アンド・フィール」の選択肢が増えるので、
設定画面から変更してください。
個人的には「Dark Nimbus」が好きです。

PHPを使う場合

「PHP」というプラグインは必須です。
あとはフレームワークやテストツールの補助プラグインもあるので、それらを必要に応じてインストールすれば良いです。

Share

【Mac】Homebrewインストール

■環境

macOS Sierra(10.12.5)


HomebrewはmacOS用のパッケージマネージャーです。
インストールするためのコマンドは公式ページにて記載されています。
http://brew.sh/index_ja.html

2017年10月現在では以下のコマンドでインストールしました。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

これでbrewコマンドが使えるようになりました。

Share

【Mac】PC購入後・初期化後の設定(2017年10月版)

■環境

macOS Sierra(10.12.5)


職場のPCが新しくなったので、初期状態から設定する事項を一覧にしました。

■設定一覧

Share

【Mac】ターミナル設定(iTerm2 + fish + fisherman)

■環境

macOS Sierra
iTerm2 3.1.3
fish 2.6.0
fisherman 2.13.2

■参考サイト

fish shell を使いたい人生だった
https://dev.classmethod.jp/etc/fish-shell-life/


ターミナルのシェルをfishにする手順です。
デフォルトである程度便利機能が入っているので、zshでカスタマイズするのが面倒な人におすすめです。

fish インストール

fishをインストールします。

$ brew install fish
$ fish -v
fish, version 2.6.0

fishのパスを確認する。

$ which fish
/usr/local/bin/fish

上記パスをシェル一覧に追記する

$ sudo vi /etc/shells
〜末尾にwhichコマンドで確認したパスを追記する〜

シェルをfishに変更する

$ chsh -s /usr/local/bin/fish

これで、ターミナルを再起動するとfishが立ち上がります。

fisherman インストール

fishermanというfishのプラグイン管理ツールがあります。

fishermanのgithubベージにインストールコマンドが載っています。
https://github.com/fisherman/fisherman

2017年10月時点でのコマンドは以下でした。

$ curl -Lo ~/.config/fish/functions/fisher.fish --create-dirs https://git.io/fisher
$ fisher -v
fisherman version 2.13.2 ~/.config/fish/functions/fisher.fish

上記コマンド実行時にバージョン情報が出なかった場合は、一度ターミナルを再起動すると良いです。

fishのテーマ変更

fishはテーマを変更することで見栄えが変えられます。
どのようなテーマがあるかは、以下ページが参考になります。
https://github.com/oh-my-fish/oh-my-fish/blob/master/docs/Themes.md

私は「bobthefish」というテーマを利用しており、以下手順でインストールしています。

$ fisher install omf/theme-bobthefish
$ git clone https://github.com/powerline/fonts.git
$ fonts/install.sh
$ rm -rf fonts

上記コマンド実施後、iTerm2のプロファイルを設定します。
プロファイル設定画面にて「Text>Font>ChangeFont」をクリックしてください。

フォント設定画面になるので、『D2CordingForPowerline』を選択します。
フォントサイズも必要に応じて好きなサイズに変更してください。

これで、テーマの変更は完了です。

プラグイン追加

プラグインは色々ありますが
私が入れているプラグインを紹介しておきます。

z

過去の履歴からディレクトリを選択して遷移できるようになります。
【インストール方法】

$ fisher install z

【使い方】
z {文字列}まで入力してタブを押下する。
上記の{文字列}で履歴からディレクトリ検索をして遷移できる。
{文字列}を空にしておけば直近の履歴が表示される。

bd

親以上のディレクトリ(祖先ディレクトリ?)への遷移が簡単になる。
【インストール方法】

$ fisher install 0rax/fish-bd

【使い方】
$ bdと入力してタブを押すと、親ディレクトリの一覧が表示されるので
選択してエンターを押すだけで移動できる。

peco

コマンド履歴の検索が容易にできるようになる。

【インストール方法】

$ brew install peco
$ fisher oh-my-fish/plugin-peco

上記コマンド後、fishのコンフィグファイルへ以下を記載。

vim ~/.config/fish/config.fish
〜以下を追記(ファイルがなければ新規作成)〜
function fish_user_key_bindings
  bind \cr 'peco_select_history (commandline -b)'
end

※「function fish_user_key_bindings」の定義が既にされているなら、
その中にbind〜の行だけ追記すれば良い。

【使い方】
「Ctrl + R」でコマンド履歴検索画面になる。
検索画面では直近のコマンドから選択することもできるし、文字列を入力すれば該当の文字列を含むコマンド履歴に絞ることもできる。

ghq

gitの管理が容易になるプラグイン

【インストール方法】

$ brew install ghq
$ fisher install yoshiori/fish-peco_select_ghq_repository

上記コマンド後、fishのコンフィグファイルへ以下を記載。

vim ~/.config/fish/config.fish
〜以下を追記(ファイルがなければ新規作成)〜
function fish_user_key_bindings
  bind \c] peco_select_ghq_repository  # 追加
end

※「function fish_user_key_bindings」の定義が既にされているなら、
 その中にbind〜の行だけ追記すれば良い。
 例えば、もし上記のpecoも導入しているのであれば、config.fishの記載は以下のようになる。

function fish_user_key_bindings
  bind \cr 'peco_select_history (commandline -b)'
  bind \c] peco_select_ghq_repository  # 追加
end
Share