法人のeLTAXでの申請手順メモ

法人(休眠中)の確定申告をeLTAXで行なったので、その手順をメモします。

■必要なもの
・Windows PC
・ICカードリーダー

①こちらに沿って、eLTAX利用登録をする。
http://www.eltax.jp/www/contents/1398146092894/index.html
電子証明書は法人のものでなくても、代表個人のものでもよい。
(代表個人の電子証明書の方が安い)

利用登録にて分かりづらかったのは、提出先選択画面にて
「地方公共団体」は『東京都』にしなければいけないということ。
事務所がある市区町村ではないので注意。

②eLTAXソフトのダウンロード
上記①のサイトにてeLTAXソフト『PCdesk』のダウンロードができるので、
ダウンロード&インストールする。

③PCdeskを起動したら、まず『1:利用者情報メニュー > 利用者情報』にて
 暗証番号の変更をする。

④次に『3:申告データ作成メニュー > 申告データ新規作成』にて
 申告書の作成を行なう。
 
④作成が完了したら『3:申告データ作成メニュー > 申告データ署名』にて署名し、
 『3:申告データ作成メニュー > 申告データ送信』にて送信する。

以上でeLTAXでの申請は完了。

※2017/3/22追記
後日、税事務所より決算書も送ってくれと電話がありました。
郵送で良いとのことだったので今回は郵送しましたが、eLTAXで添付できたのであれば
添付した方が良かったと思います。

Share

MFクラウド会計を使った休眠法人決算

休眠法人の決算を税理士を雇わずに終わらせる。
MFクラウド会計の無料プランを使う。

①各種設定>事業所 で必要な情報を設定する。

②各種設定>開始残高 で、昨年から繰り越した現金や預金の金額を設定する。

③銀行の利子が入っていると思うので、その分だけ振替伝票を記載する。

④以下をPDF出力する。
「決算・申告メニュー>決算書」
「会計帳簿メニュー>現預金出納帳」
「会計帳簿メニュー>総勘定元帳」

⑤e-taxにて確定申告する。
手順詳細はコチラ

これで、税務署から何も言われなければ完了。
呼び出しを食らったら、大人しく従います。

Share

法人のe-taxでの申請手順メモ

法人(休眠中)の確定申告をe-taxで行なったので、その手順をメモします。

■必要なもの
・Windows PC
・ICカードリーダー
・決算書など、確定申告書に添付する資料のPDF

①こちらに沿って、e-tax利用準備をする。
電子証明書は法人のものでなくても、代表個人のものでもよい。
(代表個人の電子証明書の方が安い)
http://www.e-tax.nta.go.jp/hojin.html

②e-taxソフトで申請データを作る。
※e-taxソフトは①の手順でダウンロードできるはず。
※ソフト起動時に入力する利用者識別番号も①の手順にて発行できる。

作成メニュー>申告・申請等>新規作成
(1)申告:法人税・地方法人税
以下を作成
【普通法人の確定申告(青色)】
・別紙1(1) 各事業年度の所得に係る申告書
・別紙2 同族会社等の判定に関する明細書
・別紙4 所得の金額の計算に関する明細書
・別紙7(1) 欠損金又は災害損失金の損金参入に関する明細書
・法人事業概要説明書
【イメージ添付書類(法人税申告)】
・添付書類送付書
 ->決算書、出納帳、総勘定元帳のPDFを添付する

③e-taxソフトの署名メニューにて、上記で作成したデータに署名をする。
署名に使う電子証明書は①で取得したもの。

④e-taxソフトの送信メニューにて送信する。

以上でe-taxでの申請は完了。

Share