Atom IDEの環境構築(PHP、Go)

■環境

macOS Sierra 10.12.6
Atom 1.21.0-beta2

■参考にしたサイト

公式サイト
https://ide.atom.io/
はくたけ氏のブログ
http://tech.innovator.jp.net/entry/2017/09/14/165139
sayama0402さんのQiita
https://qiita.com/sayama0402/items/3bd8d905619c514179b7


ナウいエディタ「Atom」は、前から気になっていたのですが、

  • テキストエディタにしては重い
  • IDEにしては機能がすくない

という理由で、少し敬遠していました。

が、そのAtomからIDEが出たそうなので、試しに使ってみました。

■手順

①Atomの入手

以下サイトより、Atom 1.21.0(ベータ版)を入手してインストールする。
https://atom.io/beta

※いくつかの紹介ページを見ましたが、1.21.0が推奨されているようです。
 試しに1.20.0(安定板)でも試して見ましたが、確かに動きが怪しかったです。

②必須パッケージのインストール

Atomを起動したら、上部メニュー
Packages > Settings View > Install Packages/Themes
より、以下を検索してインストールする。

  • atom-ide-ui
  • ide-php
  • ide-go

③使って見る。

初めてgoのソースコードを開いた際には「ide-go」が依存するパッケージをインストールするか聞かれるので、
インストールします。
また、「linter」と「atom-ide-diagnostics」が競合している旨のメッセージが出るので、
そのメッセージの下にある「Disable linter」をクリックして、競合を解決します。

これで、実際に使い始められそうです。
定義ジャンプや補完機能は十分使えそうなレベルで動いてました。
また、他の無料IDE(EclipseやNetBeans)に比べると、起動が早かったです。

その他パッケージのインストール

IDEとは関係なく便利なパッケージが沢山あるので入れます。
以下、実際に入れて見たパッケージです。

■file-icons
各ファイルの拡張子に合わせてアイコンを変えてくれる。
ちなみに、Atomに新拡張子を紐付けさせるには、上部メニューより「Atom Beta>Config」をクリックし、
config.csonを編集する必要がある。

【例:以下の記載で「.inc」という拡張子をPHPファイルとして認識してくれる】

"*":
  core:
    customFileTypes:
      "source.php": [
        "inc"
      ]

『source.php』に該当する部分はPHPファイルを開いた状態で「cmd + opt + P」を押すとポップアップで表示される。
別拡張子のファイルでも同じ操作でできるはず。

■pigments
色コードを記載したら自動で該当の色でハイライトしてくれる。

■show-ideographic-space
全角スペースを見える化

■git-plus
ターミナルなしでgit操作ができる!だそうです。

■merge-conflict
gitのコンフリクト解消が楽になる。

■highlight-selected
選択した単語と同じ単語をソースコード上でハイライトしてくれる。
選択=ダブルクリックらしい。同じ変数を探す時などに便利。

■linter-php
構文チェックしてくれるパッケージ。
括弧の開閉数が不一致の時とか教えてくれる。
紐づくパッケージを諸々インストールしてねと出てくるので、それらもインストールする。
※AtomIDEにも標準で構文チェックパッケージ(?)が入っているらしく、それと競合すると警告が表示される。
 IDE標準のものはエラー検知をしてくれているのかよく分からなかったので、私は無効化してしまいました。
 (上記警告にDisableボタンが付いているので、それをクリックするだけ)

■project-manager
複数プロジェクトを管理するためのパッケージ。
プロジェクト切り替えが容易になる。
【管理対象のプロジェクトを増やす方法】
 対象としたいプロジェクトを開いた状態で上部メニューより「packages > Project Manager > Save Project」を選択
【管理対象プロジェクトの呼び出し】
 「Ctrl + Command + P」で一覧が表示されるので、そこで選択する。
 上部メニューより「packages > Project Manager > List Project」を選択しても同じ。

Share

【Laravel】migrateで『Class ‘CreateFoooTable’ not found』が発生する

■環境

Laravel 5.1


Laravelの「migrate:rollback」や「migrate:refresh」をしようとして
『Class ‘CreateFoooTable’ not found』というエラーが発生した際の解決方法です。

この事象はmigrateで利用する「/database/migrations」ディレクトリに配置されているファイルが
autoloadされていない事が原因のようです。

解決するにはプロジェクトのrootディレクトリにて以下コマンドを実行し、autoloadを再編成します。

composer dump-autoload

※composerインストールについてはコチラ

もしサーバにcomposerを入れられない場合は作業PCにて上記コマンドを実行すると
「/vendor」ディレクトリ配下が更新されるのでサーバにアップロードしてください。

以上。

Share

【PHP】Laravel5でカスタムバリデーションを追加する

Laravel5でカスタムバリデーションを追加した際の手順です。

■環境
Laravel 5.1

まず、サービスプロバイダーを作成して、バリデーションルールを記載します。
例えば以下のルールの社員番号があったとします。
・頭文字は「A」または「Z」
・2文字目以降は数字6桁

このバリデーションルールを『shainbangou』という名前のルールで登録するとこうなります。
【/app/providers/ValidatorServiceProvider.php】

namespace App\Providers;

use Illuminate\Support\ServiceProvider;
use Validator;

class ValidatorServiceProvider extends ServiceProvider
{
    public function boot()
    {
        Validator::extend('shainbangou', function($attr, $value, $param) {
            return preg_match('/^[A|Z][0-9]{6}$/', $value);
        });
    }
}

次にエラー文言の設定をします。
viewにて社員番号はempIdという変数名で設定されているとします。
【/resources/lang/ja/validation.php】

return [
〜〜 省略 〜〜
    'custom' => [
        'empId' => [
            'shainbangou' => '社員番号が間違っています。(A/Z + 数字6桁).',
        ],
    ],
〜〜 省略 〜〜
    'attributes' => [
        'empId' => '社員番号',
    ],
];

これで、コントローラなどのバリデーション処理で新ルール「shainbangou」が使えるようになります。

Share

zabbixでPHPの警告が出る場合の対処

■環境
zabbix 3.2
PHP 7.1

PHP7.1でzabbixを動かすと、以下の警告が出ました。

A non well formed numeric value encountered [zabbix.php:21 → require_once() → ZBase->run() → ZBase->processRequest() → CView->getOutput() → include() → make_status_of_zbx() → CFrontendSetup->checkRequirements() → CFrontendSetup->checkPhpMemoryLimit() → str2mem() in include/func.inc.php:410]
A non well formed numeric value encountered [zabbix.php:21 → require_once() → ZBase->run() → ZBase->processRequest() → CView->getOutput() → include() → make_status_of_zbx() → CFrontendSetup->checkRequirements() → CFrontendSetup->checkPhpPostMaxSize() → str2mem() in include/func.inc.php:410]
A non well formed numeric value encountered [zabbix.php:21 → require_once() → ZBase->run() → ZBase->processRequest() → CView->getOutput() → include() → make_status_of_zbx() → CFrontendSetup->checkRequirements() → CFrontendSetup->checkPhpUploadMaxFilesize() → str2mem() in include/func.inc.php:410]

警告が出ている箇所は以下のようになっています。
[/usr/share/zabbix/include/func.inc.php]

 394 /**
 395  * Converts strings like 2M or 5k to bytes
 396  *
 397  * @param string $val
 398  *
 399  * @return int
 400  */
 401 function str2mem($val) {
 402         $val = trim($val);
 403         $last = strtolower(substr($val, -1));
 404
 405         switch ($last) {
 406                 case 'g':
 407                         $val *= 1024;
 408                         /* falls through */
 409                 case 'm':
 410                         $val *= 1024;
 411                         /* falls through */
 412                 case 'k':
 413                         $val *= 1024;
 414         }
 415
 416         return $val;
 417 }

この引数の「$val」には『256M』のように単位付きの数字が入ってくるようで、
それを『$val *= 1024』と数字のように扱っているので警告が出ているようです。
(警告は出ているが、処理自体は正常に行なわれている)

解決策は色々あると思いますが、とりあえず以下のように修正したら
警告は表示されなくなりました。(404行目を追加しています)

 401 function str2mem($val) {
 402         $val = trim($val);
 403         $last = strtolower(substr($val, -1));
 404         $val = intval($val);
 405         switch ($last) {
 406                 case 'g':
 407                         $val *= 1024;
 408                         /* falls through */
 409                 case 'm':
 410                         $val *= 1024;
 411                         /* falls through */
 412                 case 'k':
 413                         $val *= 1024;
 414         }
 415
 416         return $val;
 417 }
Share

PHPExcelの使い方メモ

PHPでExcelを生成できる『PHPExcel』の使い方メモ
※実際に私が使ったものをメモしているだけなので、機能を網羅している訳ではないです。かしこ。

インストールはcomposerを使うか、圧縮ファイルをダウンロードしてきて
適当なディレクトリに解凍します。
あとは以下をrequireするだけ。
/格納したパス/PHPExcel/Classes/PHPExcel.php
/格納したパス/PHPExcel/Classes/PHPExcel/IOFactory.php

実際のソースコードは以下の通り

/**
 * PHPExcelの新規オブジェクト作成
 */
$excel = new PHPExcel();

/**
 * シートを作成してシート名を変える
 */
$sheetIndex = 0; // シート番号は0から
$excel->setActiveSheetIndex($sheetIndex);
$sheet = $excel->getActiveSheet();
$sheet->setTitle('SampleSheet01');

/**
 * セルにデータを入力する
 */
// 基本的な入力
$rowCnt = 1; // 行番号は1から
$clmCnt = 0; // 列番号は0から
$text = 'セルに書き込む内容だよ';
$sheet->setCellValueByColumnAndRow($clmCnt, $rowCnt, $val);

// 文字列型で入力
$rowCnt++; // 1行下に移動
$clmCnt++; // 1列右に移動
$text = '000001'; // 文字列型にしないと、左記は「00001」ではなく「1」になってしまう
$sheet->setCellValueExplicitByColumnAndRow($clmCnt, $rowCnt, $val, PHPExcel_Cell_DataType::TYPE_STRING);

/**
 * セルの書式設定
 */
// シートのデフォルトフォントを設定する
$sheet->getDefaultStyle()->getFont()->setName('MS Pゴシック')->setSize(11);

// 背景色を設定
$bgcolor = '000000'; // 16進数で指定
$sheet->getStyleByColumnAndRow($clmCnt, $rowCnt)->getFill()->setFillType(PHPExcel_Style_Fill::FILL_SOLID);
$sheet->getStyleByColumnAndRow($clmCnt, $rowCnt)->getFill()->getStartColor()->setRGB($bgcolor);

// 文字色を設定
$fontcolor = 'FFFFFF'; // 16進数で指定
$sheet->getStyleByColumnAndRow($clmCnt, $rowCnt)->getFont()->getColor()->setARGB($fontcolor);

// 太字にする
$sheet->getStyleByColumnAndRow($clmCnt, $rowCnt)->getFont()->setBold(true);

// セル(行列番号指定)の上だけに罫線(二重線)を引く
$sheet->getStyleByColumnAndRow($clmCnt, $rowCnt)->getBorders()->getTop()->setBorderStyle(PHPExcel_Style_Border::BORDER_DOUBLE);
// セル(レンジ指定)の周り全てに罫線(単一線)を引く
$sheet->getStyle('A1:B3')->getBorders()->getAllBorders()->setBorderStyle(PHPExcel_Style_Border::BORDER_THIN);


// 列の幅を指定する
$sheet->getColumnDimension('A')->setWidth(14.5);
// 列の幅を自動調整する(※これで効くはずなんですが、効かない事が多々ある)
$sheet->getColumnDimension( PHPExcel_Cell::stringFromColumnIndex($clmCnt))->setAutoSize(true);

以上

Share