MacにZabbixエージェントを入れる

■環境

Mac OS 10.9.5
Zabbix 3.2.1


Mac OSのサーバにZabbixエージェントを入れた際の手順メモです。

WEBでzabbixのソースをダウンロードします。
https://sourceforge.net/projects/zabbix/files/ZABBIX%20Latest%20Stable/3.2.1/

Macサーバに送ります。

$ scp zabbix-3.2.1.tar.gz user@192.168.999.999:~/Downloads/.

※Macサーバ上で直接ダウンロードできるなら、その方が早いです。

macサーバにて解凍〜インストールを行ないます。

tar xzf zabbix-3.2.1.tar.gz
cd zabbix-3.2.1
./configure --enable-agent
make install
sudo cp conf/zabbix_agentd.conf /usr/local/etc/.
sudo cp src/zabbix_agent/zabbix_agentd /usr/local/sbin/

Zabbixエージェントの設定を変更します。

sudo vim /usr/local/etc/zabbix_agentd.conf
# 127.0.0.1の部分をZabbixサーバのIPアドレスに変更
# Hostnameはagentサーバのホスト(サーバ側に設定したものと同じ)に変更

Zabbixエージェントを実行します。

/usr/local/sbin/zabbix_agentd

【補足】

インストール時にzabbixユーザが作成されるはずですが、
ユーザ作成に失敗している場合は別途ユーザ作成しておかないとエージェントの実行ができません。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です