CentOS7のネットワーク周り初期設定

■環境

CentOS 7.3


bonding設定

参考URL:https://bacchi.me/linux/bonding/

現状確認しておきます。

nmcli c
ip a

bonding用インターフェースを追加します。

nmcli connection add type bond autoconnect no con-name bond0 ifname bond0 mode active-backup

物理インターフェースをbondに紐付けます

nmcli connection add type bond-slave autoconnect no ifname eno1 master bond0
nmcli connection add type bond-slave autoconnect no ifname eno2 master bond0

bondにIPを設定します。

nmcli c mod bond0 ipv4.method manual ipv4.address "192.168.999.999/32" ipv4.gateway "192.168.999.254" ipv6.method ignore
nmcli c mod bond0 ipv4.dns 192.168.999.254

物理インターフェースを無効にし、bondインターフェースを有効にします。

nmcli c m eno1 connection.autoconnect no
nmcli c m eno2 connection.autoconnect no

nmcli c m bond-slave-eno1 connection.autoconnect yes
nmcli c m bond-slave-eno2 connection.autoconnect yes
nmcli c m bond0 connection.autoconnect yes

nmcli c up bond-slave-eno1
nmcli c up bond-slave-eno2
nmcli c up bond0

ホスト名変更

hostnamectl set-hostname sample.com

SELinux無効化

SELinuxが不要な場合は無効化します。

vim /etc/sysconfig/selinux
SELINUX=enforcing
SELINUX=disabled

firewalld停止

別のファイアーウォール内のサーバである場合、
不要なのでfirewalldは停止しておきます。

systemctl stop firewalld
systemctl disable firewalld
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です