【CentOS】PostgreSQLの導入

<

p class=”writeRow”>CentOSにPostgreSQLを導入した際の作業メモです

■環境
CentOS release 6.6
postgresql 8.4.20

まずpostgreSQLをインストールし、初期化をします。

$ su –
# yum install postgresql-server
# service postgresql initdb

次に外部からアクセスできるように設定をします。
「192.168.xxx.xxx/32」の部分はDBへアクセスするホストに合わせて修正してください。

# vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
local all all trust
host all all 192.168.xxx.xxx/32 trust
# vim postgresql.conf
listen_addresses = ‘*’

設定が完了したらpostgreSQLを起動します。

# service postgresql start

次に利用するユーザとデータベースを作成します。

# su – postgres
$ psql
postgres=# CREATE USER sampleUser WITH PASSWORD ’samplePass’;
postgres=# CREATE DATABASE sampleDB WITH OWNER=sampleUser ENCODING=’UTF8′ TEMPLATE template0;
postgres=# ¥q

これで利用準備は完了です。
コマンドラインから作成したDBへ作成したユーザでアクセスする場合は以下コマンドでアクセスできます。

$ psql -U sampleUser -d sampleDB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください