【PHP】Laravel5でカスタムバリデーションを追加する

■環境

Laravel 5.1


Laravel5でカスタムバリデーションを追加した際の手順です。

まず、サービスプロバイダーを作成します。今回は『ValidatorServiceProvider』という名前で作る事にします。
以下コマンドを実行すると、『/app/providers/ValidatorServiceProvider.php』が生成されます。

php artisan make:provider ValidatorServiceProvider

作成したサービスプロバイダーを『/config/app.php』に追記します。

    "providers" => [
〜〜 省略 〜〜
        App\Providers\ValidatorServiceProvider::class,
〜〜 省略 〜〜
    ],

作成したサービスプロバーダーにバリデーションルールを記載します。
例えば以下のルールの社員番号があったとします。
・頭文字は「A」または「Z」
・2文字目以降は数字6桁

このバリデーションルールを『shainbangou』という名前のルールで登録するとこうなります。

namespace App\Providers;

use Illuminate\Support\ServiceProvider;
use Validator;

class ValidatorServiceProvider extends ServiceProvider
{
    public function boot()
    {
        Validator::extend('shainbangou', function($attr, $value, $param) {
            return preg_match('/^[A|Z][0-9]{6}$/', $value);
        });
    }
}

次にエラー文言の設定をします。
viewにて社員番号はempIdという変数名で設定されているとします。
【/resources/lang/ja/validation.php】

return [
〜〜 省略 〜〜
    'custom' => [
        'empId' => [
            'shainbangou' => '社員番号が間違っています。(A/Z + 数字6桁).',
        ],
    ],
〜〜 省略 〜〜
    'attributes' => [
        'empId' => '社員番号',
    ],
];

これで、コントローラなどのバリデーション処理で新ルール「shainbangou」が使えるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です