【AWS】新規EC2立ち上げ後の作業メモ

環境

AWS EC2
Amazon Linux


セキュリティグループ設定

SSH接続元やHTTP通信元の設定をする。
デフォルトではEC2を立ち上げた際のアクセス元に対してSSH接続が許可されているのみ。

立ち上げたEC2へのSSH接続

以下の通りSSH接続を実施する。
ログインアカウント: ec2-user
秘密鍵: EC2立ち上げ時にダウンロードしたpemファイル
※pemファイルはDL後権限を400にしておくこと。

rootになり、パスワードを変更する。

$ sudo su -
# passwd 

日本時刻にする。(rootのまま実施)

# cp -p /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
# service rsyslog restart
# service crond restart

※localtime変更後はrsyslogとcrondを再起動しないと、ログ出力時刻やcron実行時刻が日本時刻にならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です