Windows10で開発PCをセッティングする。

Windows 10のWSL2やWindows Terminalが良い感じだったので
開発環境を整えてみました。

大きな作業は以下を参照

Dockerのインストール

以下よりDocker Desktop for Windowsをダウンロードします。
https://hub.docker.com/editions/community/docker-ce-desktop-windows

ダウンロードしてきたインストーラーを実行してインストールします。
インストール時に「Enable WSL 2 Windows Features」のチェックボックスがあるので、忘れずにチェックするようにしてください。

これでUbuntu側でもdockerコマンドが使えるようになっています。
もしWSL2より先にDockerをインストールしてしまった場合は「Settings > Resources > WSL INTEGRATION」からWLS上のDockerを有効化できます。

Visual Studio Codeのインストール

以下よりダウンロードしてインストールします。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/products/visual-studio-code/

Ubuntu側でgitコマンドを使ってソースコードを管理している場合はWindowsからUbuntuに接続する必要があります。
そのためには『Remote - WSL』という拡張子のインストールをインストールします。
(おそらくVisual Studio Codeの初回起動時に推奨される)

MySQL Workbenchのインストール

MySQL Workbenchをインストールするには「Visual C++ 2019」が必要です。
インストールされていない場合は以下よりダウンロードしてインストールしておきます。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2977003/the-latest-supported-visual-c-downloads

以下よりMySQL Workbenchをダウンロードしてインストールします。
https://dev.mysql.com/downloads/workbench/