Windows10でキー配置を変更する

参考


Windowsのキー配置を変更してMac風にします。

CapsLockをCtrlにする

CapsLockは使うことがないのでCtrlキーに割り当ててしまいます。
MacのCtrlキーと同じ位置にCapsLockはあるので、Macを使っていた人にも操作しやすくなると思います。

変更するには『Ctrl2Cap』を使います。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/downloads/ctrl2cap

インストール手順は以下の通りです。
①ctrl2capのZIPファイルをダウンロードして解凍する。
②PowerShellを管理者権限で起動し、①の解凍したフォルダに移動する。
.\ctrl2cap.exe /installを実行する。

これで『Ctrl2cap successfully installed.』と表示されたらインストール成功です。
PCを再起動するとCapsLockがCtrlとして使えるようになります。

変換/無変換キーでIMEをON/OFFする

Mac風にスペースバーの左右のキーでIMEをON/OFFできるようにします。
設定手順は以下の通りです。

①設定を開く。
②設定の検索で『日本語IMEの設定』を検索して開く。
③『キーとタッチのカスタマイズ』を開く
④『各キーに好みの機能を割り当てる』をオンにする。
⑤無変換キーを「IME-オフ」に割り当てる。
⑥変換キーを「IME-オン」に割り当てる。