Windows Terminalの導入

Windows TerminalでUbuntuを使えるようにします。

Windows Terminalのインストール

Microsoft Storeで「Windows Terminal」を検索してインストールするだけです。

Windows TerminalのデフォルトをUbuntuにする

Windows Terminalを起動して設定を開きます。
settings.jsonが開くので、「profiles > list」の中からUbuntuのguidを探します。

{
    "guid": "{07b52e3e-de2c-5db4-bd2d-ba144ed6c273}",  ←これ
    "hidden": false,
    "name": "Ubuntu-20.04",
    "source": "Windows.Terminal.Wsl"
},

見つけたguidを「defaultProfile」に設定します。

"defaultProfile": "{07b52e3e-de2c-5db4-bd2d-ba144ed6c273}",   ←ここに入れる

起動時のディレクトリを指定する

Windows Terminalを起動した際に開く場所はWindows側のホームディレクトリになっています。
Ubuntuを使う際はUbuntu側のホームディレクトリから始まって欲しいので変更します。

settings.jsonのUbuntuの設定にstartingDirectoryを追加します。
Ubuntu内の/home/hogeuserからスタートしたい場合は以下のように設定します。

{
    "guid": "{07b52e3e-de2c-5db4-bd2d-ba144ed6c273}",
    "hidden": false,
    "name": "Ubuntu-20.04",
    "source": "Windows.Terminal.Wsl",
    "startingDirectory": "//wsl$/Ubuntu-20.04/home/hogeuser"  ←これを追加
},

フォントを指定する

Ubuntuのシェルはfishを利用しているのですが、fishのテーマによってはフォントを変更する必要があります。
fishの導入方法についてはこちら

settings.jsonのUbuntuの設定にfontFaceを追加します。
もしフォントサイズを変更したい場合はfontSizeも追加してください。

フォントを「Cascadia Code PL」に変更し、フォントサイズを11にする場合は以下のようになります。

{
    "guid": "{07b52e3e-de2c-5db4-bd2d-ba144ed6c273}",
    "hidden": false,
    "name": "Ubuntu-20.04",
    "source": "Windows.Terminal.Wsl",
    "startingDirectory": "//wsl$/Ubuntu-20.04/home/hogeuser",
    "fontFace": "Cascadia Code PL",  ←これを追加
    "fontSize": 11  ←これを追加
},